安全・安心サイエンス「感染症・バイオテロ研究会」

20世紀に起きた様々な科学技術の進歩は、安全な社会の発展に一役を担ってきました。一方で、感染症、バイオテロ等、国際情勢の不安要因に対する安心レベ ルの問題は、技術的な切り口だけは解決できず、社会の制度や仕組み、人々の協力の基盤が必要な国際的な課題です。我々のグループでは、「感染症・バイオテ ロ」を中心に、安全・安心科学をサイエンスととらえ、研究会を開催してきました。

2010年4月以降の研究会については随時こちらのページで紹介致します。

主催

2006 年8月~

  • 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(通称G-SEC)
    グローバル・ヘルスセキュリティプロジェクト

2007年11月~

  • 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所・文部科学省安全安心プロジェクト
    「日本におけるバイオテロリズム対策向上を目指した技術・研究開発に関する調査研究」

2008年4月~

  • 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所・文部科学省安全安心プロジェクト
    「我が国のバイオセキュリティの向上に関する調査研究」(9月より「研究会」に改称)

2009 年4月~

  • 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所・文部科学省安全安心プロジェクト
    「テロ等への医学的見地からの公衆衛生措置や医療的対策に関する調査研究」

2010 年4月~

  • 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所・文部科学省 私立大学戦略的研究基盤支援事業
    「わが国のバイオセキュリティ・バイオディフェンス準備・対応策策定についての医学・人文社会科学融合研究」

 

報告書等

2007年度勉強会報告書 ダウンロード
内容
  第2回特別セミナー 2007年11月17日
    講師 福田 充 先生 (日本大学 法学部)
  第10回勉強会 2007年12月8日
    講師 杉島 正秋 先生 (朝日大学法学部)
  第11回勉強会 2008年1月12日
    講師 永野 秀雄 先生 (法政大学人間環境学部)
  第12回勉強会 2008年2月23日
    講師 出口 弘 先生 (東京工業大学)

2008年度研究会報告書 ダウンロード
内容
  第13 回勉強会 2008年 7月19日土曜日
    講師 新留 二郎 先生 (株式会社 東芝)
  第3回特別セミナー 2008年8月4日月曜日
    講師  Dr. Nancy W. Gallagher
    (Center for International and Security Studies at Maryland (CISSM)/School of Public Policy,
    University of Maryland)
  第14回研究会 2008年 9月27日土曜日
    講師 加藤 洋子 先生 (日本大学国際関係学部)
  第15回研究会 2008年11月29日土曜日
    講師 村山 裕三 先生 (同志社大学大学院ビジネス研究科)
  第16回研究会 2009年1月24日土曜日
    講師 森本 正崇 先生 (安全保障貿易情報センター)