米・司法省、8年に及ぶ炭疽菌郵送事件の調査を終了

| コメント(0) | トラックバック(0)
米・司法省(Justice Department)は、2001年に起こった炭疽菌郵送事件の調査を正式に終了した。FBIのホームページでは合計で2720ページに及ぶ調査ファイルが公開されている。司法省が発表した調査要訳(Amerithrax Investigative Summary)では、 自殺したBruce Ivinsが単独で犯行におよんだとい従来の主張が繰り返されている。(関連記事は、こちら。)

現在、全米科学アカデミーが、事件に使われた炭疽菌とIvinsの研究所のサンプルが同じものであるか、科学的調査を行っている真っ最中なので、このタイミングでの調査終了に疑問の声があがっている。

Doubts Remain Over Suspected Anthrax Mailer's Guilt
Global Security Newswire , February 25, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20100224_7368.php

FBI investigation of 2001 anthrax attacks concluded; U.S. releases details
The Washington Post Saturday, February 20, 2010
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/02/19/AR2010021902369.html?sid=ST2010021904257

Amerithrax Investigation
Federal Bureau of Investigation
http://foia.fbi.gov/foiaindex/amerithrax.htm

FBI investigation of 2001 Justice Department and FBI Announce Formal Conclusion of Investigation into 2001 Anthrax Attacks
The United States Department of Justice
http://www.justice.gov/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://biosecurity.gsec.keio.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/510

コメントする

本サイトについて

本ブログは慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所グローバル・ヘルス・セキュリティグループ(統括:副所長・上席研究員 竹内 勤)が運営するサイトです。バイオセキュリティに関連するニュース記事を本ブログにて報告いたします。

慶應G-SEC
文部科学省私立大学
戦略的研究基盤形成支援事業

新型インフルエンザ関連情報は下記ウェッブページの「関連リンク集」をご覧下さい。
    ↓ ↓ ↓

このブログ記事について

このページは、G-SEC研究員が2010年2月25日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米・NBSB分科委員会、CBRN対抗医薬品開発についての報告書を作成」です。

次のブログ記事は「米・非営利超党派の機関、薬事テロに関するレポートを公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

CDC 2009 Flu