プロジェクト終了について

| コメント(0) | トラックバック(0)
バイオセキュリティウォッチをご覧の皆様

東北関東大震災の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

この度慶應義塾大学G-SEC竹内プロジェクトは3月31日をもちまして終了し、解散いたします。
つきましては、本サイトはまもなくアーカイブ化され、更新されないことをご連絡申し上げます。
引き続き、報告書等はダウンロードできる形で維持されるよう保存の予定です。

なお、
バイオセキュリティワークショップ「科学の倫理と機微技術のリスク管理」開催報告書

平成22年度文部科学省委託事業 安全・安心科学技術プロジェクト
「テロ等への公衆衛生措置に必要な技術に関する調査研究」最終報告書
および
G-SEC Newsletter Appendix No.6 安全・安心科学技術プロジェクトニュースレター
を新たにアップロードしておりますのでご活用下さい。

ほか、医学部熱帯医学寄生虫学教室生物災害危機管理研究室ウェッブサイト(4月より同アドレスで
個人所有サイトに変更予定)http://biopreparedness.jp/におきましても、過去のイベントのご案内
および報告書等をダウンロードできる形で維持する予定としております。

これまでの皆様のご協力に重ねて感謝申し上げます。

グローバルセキュリティ研究所 研究員
齋藤 智也

米・大統領指揮下の委員会、合成生物学における倫理的境界線を定めたレポートを公開

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨年5月に、 クレイグ・ベンター博士が率いる研究チームは、世界初の自己再生する人工合成ゲノムを異なる種の細菌性細胞のなかで作りだすことに成功した。その後、メディアなどで、この実験の成功によってもたらされる潜在的な利益とリスクについての激しい議論が巻き起こった。「果たして、この実験を生命の創造と呼ぶべきか」ということもあわせて議論の対象となっていた。(関連記事は、こちら。)

こうした議論を受けて、オバマ大統領は、合成生物学の進展を把握し、リスクを最小限に抑えながら利益を最大にする倫理的境界線を特定するための委員会「Presidential Commission for the Study of Bioethical Issues」を発足した。現在、この委員会の作成したレポート「NEW DIRECTIONS The Ethics of Synthetic Biology and Emerging Technology」が公開されている。

レポートは、べンター博士の研究は、自然の宿主に依存しており、無機的な化学物質のみで生命を創造したとは言えないとしている。しかし、その実験結果がもたらす潜在的な利益は絶大であり、リスクに対しては、利益を損なわない範囲での適切な注意が払われなければならないとしている。これを踏まえて、委員会は、次の5つの倫理原則(ethical principles)を打ち出している。

1. 公共の恩恵(public beneficence)
2. 責任ある管理(responsible stewardship)
3. 知的自由(intellectual freedom)
4. 民主的な審議(democratic deliberation)
5. 正義と公平さ(justice and fairness)

レポートには、さらに、これらの原則を実行すための18の勧告が示されている。新たな規制を求めないレポートに対して、多くの科学者からは称賛の声があがっている。一方で、環境団体などは、強く反発している。(The New York Times)

Presidential commission urges caution on 'synthetic biology'
Washington Post Thursday, December 16, 2010
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/12/16/AR2010121600019.html

U.S. Bioethics Commission Gives Green Light to Synthetic Biology
The New York Times Thursday, December 16, 2010
http://www.nytimes.com/2010/12/16/science/16synthetic.html?_r=1

Panel Calls for Measured Development of Synthetic Microbes
Global Security Newswire Thursday, December 16, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101216_9541.php

「NEW DIRECTIONS The Ethics of Synthetic Biology and Emerging Technology」のダウンロードは、こちら

生物・化学テロ防護国際ワークショップ2開催のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
慶應義塾 大学グローバルセキュリティ研究所 文部科学省 安全・安心科学技術プロジェクト
生物・化学テロ防護国際ワークショップ2開催のご案内です。

生物・化学テロ防護国際ワークショップ 2
International Workshop 2 on biological and chemical defense
 
「CBRN除染:現在の戦略と今後
CBRN decontamination:Current Strategy and Future percpective

主 催 / Hosted by
文部科学省安全安心科学技術協力プロジェクト「テロ等への公衆衛生措置に必要な技術に関する調査研究」(研究統括:同研究所副所長 竹内 勤)
Project for a Safe and Secure Society in Keio University Global Security Research Institute (Project Director: Professor Tsutomu Takeuchi/ Vice President, Keio University Global Security Research Institute) funded by the Office of Science and Technology for a Safe and Secure Society, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan

開催地 / Venue
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所
三田キャンパス東館6階G-SECラボ
http://biopreparedness.jp/index.php?Access#G-SecLab
G-SEC Lab, 6th Floor East Building,
Mita Campus, Keio University
http://biopreparedness.jp/index.php?MEXTPJ_en_Contact#MapGsecLab
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
2-15-45 Mita, Minato-ku, Tokyo 108-8345, Tokyo Japan

コーディネーター /Coordinator
齋藤 智也 Tomoya Saito, MD, MPH, PhD
Project Manager/Research Fellow, Keio University Global Security Research Institute
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所研究員 

日 時 / Date and Hour
平成23年1月27日木曜日
Thursday, 27th January, 2011
10:00-17:00 (予定/TBC)

プログラム(予定)/ Tentative Agenda
CBRN除染のR&Dの今後
Perspectives and Challenges in R&D for CBRN decontamination


"展望"
"Overview
"
Mr. Gwyn Winfield
Editorial Director, CBRNe World / CBRNe Convergence

"CBRN剤の除染戦略"
"Strategies for decontaminating CBRN agent
"
(講演者未定/TBA)

英国と日本におけるCBRN除染 ~市民レベルで~
Civilian aspect of CBRN decontamination in UK and Japan

"英国における市民の除染戦略"(仮題)
"Overview and future perspectives of civilian decontamination"
Professor Nigel F. Lightfoot

Former Chief Advisor to Chief Exective Head of Influenza Programme, Health Protection Agency, UK

"コミュニティにおける炭疽菌患者発生時の経験"(仮題)
"Experience of Inhalation Anthrax in the Community"
Dr. Robert C. Spencer
Consultant&Regional Medical Microbiologist SW, Microbiology Services Division, Health Protection Agency, UK

"日本におけるプレホスピタル除染戦略"
"Opening Remarks: Strategies of pre-hospital decontamination in Japan"
大友 康裕 氏
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科救急災害医学 教授
Professor Yasuhiro Ohtomo
Department of Acute Critical Care and Disaster Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University

"ORCHIDSプロジェクトーEUにおける大規模災害の除染に関する研究成果"(仮題)
"ORCHIDS Project -An EU study for civilian mass casualty decontamination"
Professor Robert P Chilcott
Principal Toxicologist and Group Leader, CBRN & Chemical Toxicology,Health Protection Agency, UK

(2010年12月22日時点 / As of Dec. 22, 2010)

詳細案内/Detail Information
日本語による詳細案内
http://biopreparedness.jp/index.php?MEXTPJ2010#IntWS
Detail information in English
http://biopreparedness.jp/index.php?MEXTPJ_en_Act_02Ws

*本記事は安全安心科学技術プロジェクトより寄稿したも のです。

生物・化学テロ防護国際ワークショップ1開催のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
慶應義塾 大学グローバルセキュリティ研究所 文部科学省 安全・安心科学技術プロジェクト
生物・化学テロ防護国際ワークショップ1開催のご案内です。


生物・化学テロ防護国際ワークショップ 1
International Workshop 1 on biological and chemical defense
 
日本におけるCBRN医療対応事前準備
- APEC Japan 2010を振り返る -
CBRN medical preparedness in Japan
- a Review of APEC JAPAN 2010-

主 催 / Hosted by
文部科学省安全安心科学技術協力プロジェクト「テロ等への公衆衛生措置に必要な技術に関する調査研究」(研究統括:同研究所副所長 竹内 勤)
Project for a Safe and Secure Society in Keio University Global Security Research Institute (Project Director: Professor Tsutomu Takeuchi/ Vice President, Keio University Global Security Research Institute) funded by the Office of Science and Technology for a Safe and Secure Society, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan

開催地 / Venue
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所
三田キャンパス東館6階G-SECラボ
http://biopreparedness.jp/index.php?Access#G-SecLab
G-SEC Lab, 6th Floor East Building,
Mita Campus, Keio University
http://biopreparedness.jp/index.php?MEXTPJ_en_Contact#MapGsecLab
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
2-15-45 Mita, Minato-ku, Tokyo 108-8345, Tokyo Japan

コーディネーター /Coordinator
齋藤 智也 Tomoya Saito, MD, MPH, PhD
Project Manager/Research Fellow, Keio University Global Security Research Institute
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所研究員 

日 時 / Date and Hour
平成23年1月26日水曜日
Wednesday, 26th January, 2011
13:00-17:30(予定/TBC)

プログラム(予定)/ Tentative Agenda
"国家イベントにおけるCBRN医療対応事前準備の概要" 
"Overview of Medical CBRN preparedness for national events"

"災害医療援助隊(DMAT)の役割"
"The role of the Disaster Medical Assistance Team (DMAT)
"

"日本中毒情報センターの役割"
"The role of the Japan Poison Information Center (JPIC)
"

"消防・救急の役割"
"The role of the Fire Defense&Emergency Medical Services
"

"現地医療機関の役割"
"The role of the local hospital
"

"地方自治体の役割"
"The role of local government"


"症候群サーベイランスの活用"
"The role of syndromic surveillance"

(2010年12月22日時点 / As of Dec. 22, 2010)

詳細案内/Detail Information
日本語による詳細案内
http://biopreparedness.jp/index.php?MEXTPJ2010#IntWS
Detail information in English
http://biopreparedness.jp/index.php?MEXTPJ_en_Act_02Ws

*本記事は安全安心科学技術プロジェクトより寄稿したも のです。

韓国「BWC NEWS No. 17」論文掲載のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
韓国 Biological Weapons Convention(BWC)が発行する「BWC News 」最新号 No.17に、齋藤研究員の論文が掲載されましたのでお知らせ致します。(韓国語)(Page12-24)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こちらからダウンロードが出来ます。PDF(12MB)
./public/DAugAAFAq4AA51YBJCMtb34GwjLy5KEWJk9EGuJE7XjZ

Korea BioIndustry Organization www.koreabio.org (English Version Available)

Biological Weapons Convention(BWC)www.bwckorea.or.kr

米・TFAH、感染症、災害及びバイオテロ対策に関する年次レポートを公開

| コメント(0) | トラックバック(0)
米国保健信託(Trust for America's Health、TFAH)は、ロバート・ウッド・ジョンソン財団からの助成金を受けて、感染症、災害、バイオテロなどの公衆衛生上の危機に対する備えについてのレポート「Ready or Not?Protecting the Public from Diseases, Disasters, and Bioterrorism」を 毎年公開している。レポートでは、10の公衆衛生対応の事前準備に関する指標を用いて、州ごとのスコアが示されている。アーカンソー州、ノースダコタ州およびワシントン州が、10ポイントのうち10を獲特している。他の25の州とワシントンDCが、7から8ポイントである。5ポイント以下の州はなかった。これらのスコアは、炭疽菌郵送事件以降、公衆衛生対応の準備が着実に進められてきたことを表している。一方で、レポートは、昨今の経済不況が、これらの事前準備に与える影響についても警鐘を鳴らしている。

Ready or Not? Protecting the Public from Diseases, Disasters, and Bioterrorism
CIDRAP News Tuesday, December 14, 2010
http://www.cidrap.umn.edu/cidrap/content/bt/bioprep/news/dec1410tfah-jw.html

Ready or Not?
Trust for America's Health Tuesday, December 13, 2010
http://healthyamericans.org/newsroom/releases/?releaseid=225

Budget Cuts Endanger Biodefense Preparedness, Report Say

Global Security Newswire Wednesday, December 15, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101215_6241.php

「Ready or Not?Protecting the Public from Diseases, Disasters, and Bioterrorism」のダウンロードはこちら

米・BWC特別代表、ローラ・ケネディ 軍縮会議大使が兼任

| コメント(0) | トラックバック(0)
生物・毒素兵器禁止条約(BWC)の米国特別代表を、軍縮会議大使であるローラ・ケネディが兼任することが決まった。ローラ・ケネディは、米国特別代表として、2011年12月のBWC検討会議(review confrense)に向けて、多国間外交を行うことになる。

Ambassador Laura Kennedy Named U.S. Special Representative for Biological and Toxin Weapons Convention (BWC) Issues

United States Mission Friday,December 3, 2010
http://geneva.usmission.gov/2010/12/03/kennedy-u-s-special-rep-bwc/

U.S. Prepares for BWC Review Conference

Global Security Newswire Tuesday, December 14, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101214_2071.php

慶應義塾大学主催 日本学術振興会 二国間交流事業 日英合同セミナーのご案内 / Invitation for Keio University-JSPS Japan-UK Joint Seminar

| コメント(0) | トラックバック(0)
(1月6日)タイムテーブルをアップロードしました。


独立行政法人 日本学術振興会 二国間交流事業
日英合同セミナー
JSPS Japan Society for the Promotion of Science
Japan-UK Joint Seminar

バイオセキュリティ、デュアルユースジレンマと生命科学者のための教育」
Biosecurity, Dual-use dilemma and Education for Life Scientists

世界におけるバイオセキュリティの取り組みの現状と課題を認識した上で、バイオセキュリティ教育の提供を可能にする生命科学系の高等教育課程の開発に関して今後日本が取るべき対策のあり方について議論する。

日時 / Date and Time
2011年1月11日 火曜日
Tuesday, 11th January, 2011
9:30~17:00 (受付開始/Registration 9:00~)

場所 / Venue
慶應義塾大学三田キャンパス北館大会議室
Conference Hall, North-Building, Mita-Campus, Keio University
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, Japan

言語 / Language
日本語-英語(同時通訳付)
Japanese-English(with simultaneous translation)


詳細案内 / Detail Information
日本語
http://biopreparedness.jp/index.php?UkJpseminarJP
English
http://biopreparedness.jp/index.php?UkJpseminarEN

米・FBI、NASに炭疽菌郵送事件の報告書の発表延期を求める

| コメント(0) | トラックバック(0)
米・連邦捜査局(FBI)は、2001年の炭疽菌郵送事件の容疑者を、自殺した米国陸軍医学研究所の研究者であるBruce Ivinsと結論づけた。(関連記事は、こちら)しかし、その結論には疑問を投げかける声も多く、FBIは根拠となった証拠の科学的妥当性について検証する委員会の発足を、全米科学アカデミー(NAS)に依頼した。(関連記事はこちら

委員会の報告書は、当初、今年の10月に完成を予定していたが、FBIの要請により、2011年の2月まで発表が見送られることになった。FBIは、発表を遅らせる理由を新たな追加調査を要請するためとしているが、「NASに、圧力をかけることが目的ではないか」といった憶測もささやかれている。

Science Report on FBI Anthrax Probe Delayed Again
HSToday Thursday, December 9, 2010
http://www.hstoday.us/content/view/15683/149/

F.B.I. Asks Panel to Delay Report on Anthrax Inquiry
The New York Times Thursday, December 9, 2010
http://www.hstoday.us/content/view/15683/149/

FBI Wants Anthrax Attacks Report Postponed
Global Security Newswire Friday, December 10, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101210_7654.php

米・BARDA、革新的なワクチン製造技術に1億ドル以上の助成金を支給

| コメント(0) | トラックバック(0)
米・生物医学先端研究開発局(BARDA)は、ワクチンを大量かつ迅速に製造する革新的な技術に、合計で1億ドル以上にものぼる助成金を支給すると発表した。今回、助成金を受給したのは、VaxDesign, Novartis, Synthetic Genomics Vaccines, PATH, Infectious Disease Research Institute, Pfenex, Rapid Micro Biosystems, Emergent Biosolutions, 3M, Northrop Grumman Security Systemsである。(助成金の対象となったそれぞれの技術についての詳細は、こちら

昨年、新型インフルエンザ(H1N1)が大流行した際に、米国ではワクチンの供給が大幅に遅れた。その要因の1つとして、ニワトリの卵を使った1950年代のワクチン製造技術が挙げられる。(関連記事は、こちら)今回の助成金によって、パンデミックインフルエンザワクチンやバイオテロ対抗医薬品の製造過程を大幅に短縮する革新的な技術の開発が期待されている。

BARDA funds vaccine makers aiming to phase out eggs
Nature Biotechnology Tuesday, December 7, 2010
http://www.nature.com/nbt/journal/v28/n12/full/nbt1210-1227.html

米・ボストン大学、エボラやマブルークを検知する新型のバイオセンサーを開発

| コメント(0) | トラックバック(0)
米・ボストン大学の研究者を中心とする研究チームは、エボラやマブルークといったウィルス性の出血熱を迅速に検知する新型のバイオセンサーを開発した。このセンサーを使えば、ほとんど試料調整無しで、生体媒質からウイルスを直接検知することができるという。バイオセンサーには、波長によって光りの伝わり方が変わるプラズモニックス・ナノホール・アレイ(plasmonic nanohole arrays, PNAs)が用いられている。

Novel Biosensor Could Enable Rapid, Point-of-Care Virus Detection
Boston University Wednesday, November 17, 2010
http://www.bu.edu/phpbin/news-cms/news/?dept=666&id=57142

New Sensor Could Detect Quickly Viral Bioterror Agents
Global Security Newswire Wednesday, November 24, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101124_7290.php

欧・Civil Liberties委員会、災害やテロ攻撃に備えたクライシス・メカニズムの導入を求める

| コメント(0) | トラックバック(0)
ヨーロッパのCivil Liberties委員会は、事故やテロ攻撃によるCBRN(化学、生物、放射性物質・核)災害に対応するためのクライシス・メカニズムの導入を決議草案のなかで求めた。クライシス・メカニズムとは、EU参加国のあいだでの協力を促進する強制力のあるメカニズムのことを指す。また、決議草案は、European Civil Protection Forceの必要性についても言及している。

EU crisis mechanism needed for disasters or terrorist attacks
European Parliament Thursday, November 25, 2010
http://www.europarl.europa.eu/en/pressroom/content/20101122IPR97430/

米・NIST、生物剤の疑いがある物質をサンプリングするためのガイドラインを発布

| コメント(0) | トラックバック(0)
2001年の炭疽菌郵送事件以来、3万件以上の危険な生物剤の疑いがある物質に関連した事件が起こっている。このような事件の初動対応には、多くの時間と費用がかかり、また、潜在的に極めて危険である。今回、米国標準技術局(NIST)が発布した新しいガイドラインには、初動対応機関がそれぞれに連携をとりながら、いつ、どのようにサンプリングを行うかについて示されている。

New Guidance Issued For First Responders Collecting Suspected Biothreat Agents
Medical News Today Friday, November 26, 2010
http://www.medicalnewstoday.com/articles/209354.php

米・MCM郵送計画、ミネアポリスで訓練を実施

| コメント(0) | トラックバック(0)
炭疽菌を吸入した患者は、48時間以内に治療薬を投与しなければならない。米国には、炭疽菌を用いたテロが起こった場合、投薬サイト(dispensing sites)を設置して、戦略的国家備蓄にある対抗医薬品(MCM)を分配する準備がある。また、それを補う形で、米国郵政公社(USPS)との協力によるMCM郵送計画が検討されている。(関連記事は、こちら

Emergency Managementの記事は、ミネソタ州のミネアポリスで実施されたMCM郵送計画の訓練について詳しい解説を行っている。今後、ケンタッキー州のルイビルでも同様の訓練が行われる予定である。

Letter Carriers Add Bioterror Response to the Postal Service
Emergency Management Tuesday, November 16, 2010
http://www.emergencymgmt.com/health/Letter-Carriers-Add-Bioterror-Response-to-the-Postal-Service.html

米・Northrop Grumman社、第3世代BioWatch検知システムの実用試験を開始

| コメント(0) | トラックバック(0)
米・Northrop Grumman社は、第3世代のBioWatch検知システムの重要な分析技術であるNext-Gen Automatd Detection Systems(NG-ADS)の開発を行う企業である。同社は、米国土安全保障省(DHS)より、新たに840万ドルの助成金を受けて、NG-ADSの実用試験を行うと発表した。今後、数ヶ月のあいだ、米国のある大都市で12のNG-ADSが設置され、実用試験が行われることになる。

Northrop Grumman Begins Testing of DHS' BioWatch Gen-3 Biological Detection Program
Northrop Grumman Thursday, November 18, 2010
http://investor.northropgrumman.com/phoenix.zhtml?c=112386&p=irol-newsArticle&ID=1498184&highlight=

Testing to Begin on Latest Biowatch Units
Global Security Newswire Friday, November 19, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101119_1291.php

米・NIAID科学者、炭疽菌バクテリアが免疫反応を損なわせる仕組みを解明

| コメント(0) | トラックバック(0)
米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の科学者は、遺伝的に組み換えられたマウスを使って、炭疽菌が感染する初期段階の仕組みを解明した。炭疽菌バクテリアは、TEM8とCMG2という2つのレセプターを通して免疫細胞を結合させる毒素を放出する。結合によって、さらに2つの毒素が細胞に入り込み、免疫細胞がバクテリアを取り込むあるいは殺菌する能力を損なわせる。

NIAIDのStephen LepplaとShihui Liuを中心とする研究グループが行った研究によると、2種類の免疫細胞(neutrophils and macrophages)のCMG2が欠如したマウスには、炭疽菌感染に対する完全な抵抗力があった。一時的には、感染箇所が腫れあがるなどの症状があったものの2週間で完全に感染が抑制されたという。通常のマウスは48時間で、バクテリアのレベルが急上し6日間で全滅した。

今回の発見が、効果的なワクチンや治療薬の開発につながると期待されている。

NIH Scientists Show how Anthrax Bacteria Impair Immune Response

NIH News Wednesday, November 17, 2010
http://www.niaid.nih.gov/news/newsreleases/2010/pages/anthraxtoxin.aspx/Pages/default.aspx

Researchers ID Anthrax Tool Against Immune System
Global Security Newswire Thursday, November 18, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101118_5837.php

米・NRC、カンザス州バイオディフェンス研究所建設についての報告書を公開

| コメント(0) | トラックバック(0)
米・カンザス州にバイオディフェンス研究所を建設する計画をめぐっては、さまざまな議論が巻き起こっていた。(関連記事は、こちら)同研究所では、口蹄疫など危険性の高い病原体を研究することになっている。議論を受けて、米国連邦議会は、計画を主導している国土安全保障省(DHS)に、リスク評価を行うことを求めた。さらに、米国学術研究会議(NRC)に、そのリスク評価の妥当性と適切さを検証することを要請した。

そして、ついに今回、NRCの報告書が公開された。NRCの報告書は、DHSのいくつかの結論は、妥当であるとし、そのデータに基づいて、「50年間の施設の運営において、口蹄疫が外に漏れる可能性は約70%であり、それによる(家畜等への)経済的被害は、90億ドルから500億ドルにのぼる」と推定している。一方で、NRCの報告書は、施設運営の詳細な説明や、リスク軽減といった問題にDHSのリスク評価が充分に触れていないと指摘している。

研究所の建設には、政治的な思惑もあると噂されている。(関連記事は、こちら)建設に賛成している5人のカンザス州の議員は、NRCの報告書が研究所の重要性にも言及していることを踏まえて、「NRCの報告書が、我々の国家を守るための研究所建設の重要性を確認したことを嬉しく思う」という共同声明を出した。

Evaluation of a Site-Specific Risk Assessment for the Department of Homeland Security's Planned National Bio- and Agro-Defense Facility in Manhattan, Kansas
The National Academies Press Monday, November 15, 2010
http://www.nap.edu/catalog.php?record_id=13031

New Study Questions Safety of Proposed Biodefense Laboratory
Global Security Newswire Tuesday, November 16, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101116_2865.php

Kan., DHS ready for biodefense lab to progress
Associated Press Tuesday, November 16, 2010
http://www.chron.com/disp/story.mpl/ap/tx/7297832.html

Kansas Officials Stand by Planned Biosecurity Lab

Global Security Newswire Wednesday, November 17, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101117_4614.php

慶應義塾大学G-SEC 特別セミナー KEIO GLOBAL SECURITY RESEARCH INSTITUTE Special Seminar

| コメント(0) | トラックバック(0)
慶應義塾大学G-SEC 特別セミナー
KEIO GLOBAL SECURITY RESEARCH INSTITUTE
Special Seminar

演 題 / Title
「化学兵器禁止機関(OPCW)の将来的課題」(仮題)
"Future challenges of the OPCW"(TBA) 

 

講 師 / Speaker
アフメット・ウズムジュ
H.E. Ambassador Ahmet ÜZÜMCÜ
化学兵器禁止機関(OPCW)技術事務局長
Director-General,
the Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW)

 

この度, アフメット・ウズムジュ化学兵器禁止機関(OPCW)技術事務局長をお招きして,講演会「化学兵器禁止機関(OPCW)の将来的課題」を開 催することとなりました。ウズムジュ氏は2010年7月にOPCW技術事務局長に就任され、これまで締約国を積極的に訪問する等精力的にOPCWの活動に従事されています。
OPCWは,化学兵器禁止条約(CWC)の実施にあたる国際機関として,1997年5月にオランダのハーグに設立され,世界的な化学兵器の全面禁止および不拡散のための活動を行っています(2010年11月現在の締約国数は188か 国)。具体的には,化学兵器及び化学兵器生産施設の廃棄の進捗状況や民生用の化学物質を扱う化学産業の活動を,申告と査察という検証によりモニターしているほか,セミナーや研修等の開催により,普遍化(締約国数の増加),国内実施措置の強化,科学技術分野における締約国間の協力促進等の活動を行っています。
 特に,2008年に開催されたCWCの第2回運用検討会議においては,将来のOPCWの方向性についても議論され,今後はより化学兵器の不拡散を促進していくことの重要性が確認されています。また,化学兵器の廃棄が進展していく中で,今後OPCWがどこに重点を置いて活動を行っていくべきかについても検討されはじめています。
このようにOPCWの活動が大きな節目を迎える中で,OPCWのトップであるウズムジュ事務局長からOPCWの現状と将来の課題につき直接お話を伺うことは大変意義深いものと考えております。ぜひ多くの皆様方にご参加頂けますよう、お願い申し上げます。

日 時 / Date and Time
2010年12月16日(木)
Thursday, December 16th, 2010
16:30-18:00(受付開始 / Registration:16:00~)
 
場 所 / Venue
慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6F Lab
6F East-Building,
Mita Campus, Keio University
東京都港区三田2-15-45
2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo
http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
 
コーディネーター / Coordinator
青木 節子 / Setsuko AOKI
慶應義塾大学G-SEC 上席研究員・総合政策学部 教授
Professor, Faculty of Policy Management, Keio University

 

言 語 / Langage
英語(同時通訳有)
English with simultaneous interpretation
 
主 催 / Host
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所・
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
「我が国のバイオセキュリティ・バイオディフェンス準備・
対応策策定についての医学・人文社会科学融合研究」
研究統括:慶應義塾大学 グローバルセキュリティ研究所副所長・上席研究員
兼 教授(医学部熱帯医学寄生虫学)竹内 勤
Interdisciplinary Study on Biosecurity and Biodefense Keio University Global Security Research Institute (G-SEC) funded by the Matching Fund Subsidy for Private Universities from the Ministry of Education, Culture, Sports Science and Technology
Deputy Director/Senior Research Fellow, Keio G-SEC

参加申込フォーム / Registration Form
https://www.biosecurity.gsec.keio.ac.jp/event/r?e=25
2010年12月10日 (金) 申込締切日
定員になり次第締め切らせていただきます。
Applications will be accepted until Friday, December 10th, 2010


米・Lunger上院議員、ウガンダの生物学研究所を訪問

| コメント(0) | トラックバック(0)
米国連邦議会上院議員のRichard Lugarと国防総省(DOD)の職員は、ウガンダの感染症研究所を訪問した。炭疽菌を保管する研究施設の建物には1920年代の機材が多く、窓ガラスは割られフェンスも壊れた状態であったという。また、エボラやマブルークのサンプルを保管している別の施設では、「立ち入り禁止」のサインはあるものの訪問者のチェックは行われていないという。

Richard Lungar上院議員は、Nunn-Lugarプログラムを通じて、旧ソビエト領に残された大量破壊兵器の削減を行った実績がある。同議員は、今後、東アフリカにある致死性の高い病原体を扱う施設の安全性確保を目指していく。

Uganda Seen as a Front Line in the Bioterrorism Fight
The New York Times Wednesday, November 10, 2010
http://www.nytimes.com/2010/11/11/world/africa/11uganda.html?_r=1

U.S. Delegation Sees Security Risks at Ugandan Biolabs
Global Security Newswire Thursday, November 11, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101111_8041.php

Lugar Details New Strategy for Most Successful Arms Control Initiative
Richard Lungar Monday, November 8, 2010
http://lugar.senate.gov/news/record.cfm?id=328482&&

Lugar Touts U.S. Effort to Safeguard Disease Materials
Global Security Newswire Tuesday, November 9, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101109_7949.php

US sends team to East Africa to crack down on 'germ terrorism' threat
The Telegraph Tuesday, November 9, 2010
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/kenya/8120232/US-sends-team-to-East-Africa-to-crack-down-on-germ-terrorism-threat.html

U.S. Seeks to Aid Africa in Securing Deadly Bioagents
Global Security Newswire Thursday, November 4, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101104_6903.php

Lugar Takes Nunn-Lugar Arms Control to Africa
Richard Lungar Thursday, November 4, 2010
http://lugar.senate.gov/record.cfm?id=328460&

米・ブッシュ前大統領、2002年の生物剤検知アラームの作動について語る

| コメント(0) | トラックバック(0)
米・ジョージ・W・ブッシュ前大統領は、新しく出版した「Decision Points」という本のなかで、2002年にホワイトハウスで生物剤検知アラームが作動した出来事について語っている。その当時、ブッシュ前大統領は中国にいたが、ホワイトハウスの関係者のあいだでは、「テロリストがボツリヌス毒素を散布した可能性がある」と騒ぎになっていたという。ワシントンポストによると、騒ぎのものととなったアラームは、誤作動であったと考えられるが、当時の関係者からの確認はとれていない。

Bush: White House bio-war alarm went off in 2002

The Washington Post Friday, November 5, 2010
http://blog.washingtonpost.com/spy-talk/2010/11/bush_white_house_bio-war_alarm.html

White House Bioweapon Alarm Triggered in 2002, Bush Says

Global Security Newswires Monday, November 8, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101108_5006.php

本サイトについて

本ブログは慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所グローバル・ヘルス・セキュリティグループ(統括:副所長・上席研究員 竹内 勤)が運営するサイトです。バイオセキュリティに関連するニュース記事を本ブログにて報告いたします。

慶應G-SEC
文部科学省私立大学
戦略的研究基盤形成支援事業

新型インフルエンザ関連情報は下記ウェッブページの「関連リンク集」をご覧下さい。
    ↓ ↓ ↓

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

CDC 2009 Flu